テーマ:

「与楽の飯」

「与楽の飯」澤田瞳子 ★★★★ 大仏建立で駆り出された人々のお腹を満たす物語。サラメシ? 社食の美味しい会社はいい企業だと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「秋萩の散る」

「秋萩の散る」★★★★ 澤田瞳子 奈良時代短編集。こんな本を私も書きたい。うらやましい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ゆるカラ日本美術史」

「ゆるカワ日本美術史」 矢島新 ★★ 丸山応挙の子犬画はかわいい、、、、、やばい、可愛過ぎる。 ここまでかわいいと、観てる人間は身も心もゆるくなる、、、、欧米にはゆるカワな美術品や民芸品であまり無いものなの?そこらへんがわからなかった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「花神」

「花神」司馬遼太郎 ★★★★★ 入手してから読了まで2か月かな?古本屋で1巻2巻を見つけてから、どうしても全部手元に欲しくなり、密林で3巻4巻を買ってしまう。中古本だけど満足。 時流に流されるままの軍略家、大村益次郎。この本で大村はこれと言って何も執着しない人物のように描かれている。ただ新政府軍を欧米並みに整える、それ以外に興味関心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「黒船異変 ペリーの挑戦」

「黒船異変 ペリーの挑戦」 加藤祐三 著 岩波新書 伊豆は下田へ一人旅するのに、手にした本。 特急踊り子号の車内のお供だった。 この本はペリー、米国艦隊の側から、開国を追尾したもので米国事情、ペリーの心情などに詳しい。 下田港を望むと意外と小さい港だとわかる。 この小さな港に黒船が4隻も入港したかと思うと、それはもう異変ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「オウムの女」

「オウムの女」 松田美智子 ★ 今の自分には必要の無い本だったかも。教祖の悪行は判りきっているし、それを掘り下げる理由も今は無い。 私があの男に語ってもらいたかったのは、 「なんで私らがこんな目に合わなければならないのか?」 その問いに対する答えだけだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

決戦!忠臣蔵

「決戦!忠臣蔵」夢枕獏他★★★★ 正月に読み漁った本、その4。年末から読み始め、日本人として正しい正月の過ごし方ができたと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古代日本海域の謎

「古代日本海域の謎」住まいからみた人と神の生活 森浩一編 ★★★ 正月に読み漁った本、その2。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の翡翠

「日本の翡翠 その謎を探る」 ★★★★ 寺村光晴 自分に翡翠の目を開かせてくれた一冊。翡翠は古の時代から日本が世界に誇る、極上の天然石だ。翡翠文学賞に応募できたのも、この本のお陰でございます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「白村江」

「白村江」★★★★★ 荒山徹 ここ数年で読んだ本の中で一番面白かった。これまで余豊璋を主人公にしたした小説って無かったと思うし、蘇我入鹿をこんなにかっこよう書いた物も無い。中大兄や鎌足が旧名で登場するのも良い効果を生んでる。秀逸。 (読んだのは2017年になったばかりの頃だったかな~?)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「火定」

「火定」 澤田 瞳子 ★★★★ 作者の描写力がすごい!!グロいシーンは気分が悪くなって頭がクラクラしたよ。描写の天才。前時代の医師は技術も知識も確実ではないけれど、その分治療に命をかける。天平の疫病を長屋王の祟りなどに触れないで、医科学の方面から解決に導いていった物語は珍しいと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「悪左府の女」

「悪左府の女」 伊藤 潤 ★★★★ 最初は物語がなかなか進まなくて、イライラさせられたが御貴族様的展開だったのね。さすが平安御貴族さまだ。 後半、怒涛の展開。壮大な結末が控えて、思わず平伏したくなった。この本のお陰で琵琶と秘曲にとても興味が沸いたのことよ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近読んだ本を羅列する

「半島へ 再び」 蓮池薫 ★★★★ 紀行文というのは訪れた場所が、エキサイティングだったり、ドラマチックだったりするものだけど、 この本は書いた本人の人生が劇的なのだ。 拉致されて24年もの間、監禁に近い状態で生活しながら、半島に生きる術を身につけていった著者。 韓国であちこちの街を訪れ、歩く度に北朝鮮での苦難の日々が甦る。 韓国と北…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近読んだ本を羅列する

「半島へ 再び」 蓮池薫 ★★★★ 紀行文というのは訪れた場所が、エキサイティングだったり、ドラマチックだったりするものだけど、 この本は書いた本人の人生が劇的なのだ。 拉致されて24年もの間、監禁に近い状態で生活しながら、半島に生きる術を身につけていった著者。 韓国であちこちの街を訪れ、歩く度に北朝鮮での苦難の日々が甦る。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近読んだ本を羅列する

「日本の風俗 起源を知る楽しみ」 樋口清之 ★★★★ なんか、正月に暇になると樋口学長の本を読みたくなる。 なんだろう?日本の風習とか風俗など、再確認したくなるのかな? ただ単に正月は暇だからだろうか? あんまり正月僧早々プハードな推理物とかで頭を悩ませたくないもんだ。 ほのぼのと日本再確認な本。 ぜひご家族揃ってお正月に御一読を。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近読んだ本を羅列する

「日本の風俗 起源を知る楽しみ」 樋口清之 ★★★★ なんか、正月に暇になると樋口学長の本を読みたくなる。 なんだろう?日本の風習とか風俗など、再確認したくなるのかな? ただ単に正月は暇だからだろうか? あんまり正月僧早々プハードな推理物とかで頭を悩ませたくないもんだ。 ほのぼのと日本再確認な本。 ぜひご家族揃ってお正月に御…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近読んだ本を羅列する

「燃えよ剣」 司馬遼太郎 ★★★★★ 娘よ!母が死んだら、「燃えよ剣」と「風神の門」をお棺に入れて一緒に焼いてくれ! 常日頃、頼み込んでいるので、久しぶりに本棚から掘り起こしてみたら、黄ばんでガビガビで、開けた物じゃなかった。 確か、親父に貸している間にむったくそにされた記憶がある。 初めて読んだのは中学一年の時、もうもう・・・・!昼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近読んだ本を羅列する

「燃えよ剣」 司馬遼太郎 ★★★★★ 娘よ!母が死んだら、「燃えよ剣」と「風神の門」をお棺に入れて一緒に焼いてくれ! 常日頃、頼み込んでいるので、久しぶりに本棚から掘り起こしてみたら、黄ばんでガビガビで、開けた物じゃなかった。 確か、親父に貸している間にむったくそにされた記憶がある。 初めて読んだのは中学一年の時、もうもう・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近読んだ本を羅列する

読書歴が溜まってる。 理由は猫のせいだ。私がPCいじってると、必ず猫が飛んできて、ディスプレイを覗きこむ。 しかも、 キーボードの上に鎮座して!! 頼むよ~、いつかVALUESTARを壊されそうな気がする。 「織りと染めと祈り」 立松和平 ★★★★ 立松和平氏の職業って何だろう?作家というには余りにも大きなその活動量。 随筆家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近読んだ本を羅列する

読書歴が溜まってる。 理由は猫のせいだ。私がPCいじってると、必ず猫が飛んできて、ディスプレイを覗きこむ。 しかも、 キーボードの上に鎮座して!! 頼むよ~、いつかVALUESTARを壊されそうな気がする。 「織りと染めと祈り」 立松和平 ★★★★ 立松和平氏の職業って何だろう?作家というには余りにも大き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近読んだ本を羅列する

「いろは歌の謎」 篠原央憲 ★★★ 子供が学校で古今和歌集を勉強し始めた、、、、ら、、、自分も昔読んだ和歌に関する本を読みたくなった。 いろはにほへとちりぬるを・・・・・・誰でも知ってるいろは歌を7字ずつに区切ると、 「とかなくてしす(咎無くて死す)」という文章になる。 昔、いろは歌を習った人はこの暗号に気付く人もいたらしいが、現代国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近読んだ本を羅列する

「いろは歌の謎」 篠原央憲 ★★★ 子供が学校で古今和歌集を勉強し始めた、、、、ら、、、自分も昔読んだ和歌に関する本を読みたくなった。 いろはにほへとちりぬるを・・・・・・誰でも知ってるいろは歌を7字ずつに区切ると、 「とかなくてしす(咎無くて死す)」という文章になる。 昔、いろは歌を習った人はこの暗号に気付く人もいたらしい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近読んだ本を羅列する

対談 杉浦日向子の江戸塾 【中古】afb古書 高原書店 発行年:1999年備考:天少シミ、カバ背少ヤケ状態:BB6サイズ参考画像はありません 楽天市場 by 「対談 杉浦日向子の江戸塾」  杉浦日向子 ★★★★ 突発的に江戸熱が出た。 杉浦さんは見てきたように江戸の事を語るので、DNAに江戸っ子の記憶が刻まれているのではない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more