「ゆるカワ日本美術史」

「ゆるカワ日本美術史」 矢島新 ★★ 丸山応挙の子犬画はかわいい、、、、、やばい、可愛過ぎる。 ここまでかわいいと、観てる人間は身も心もゆるくなる、、、、欧米にはゆるカワな美術品や民芸品であまり無いものなの?そこらへんがわからなかった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「花神」

「花神」司馬遼太郎 ★★★★★ 入手してから読了まで2か月かな?古本屋で1巻2巻を見つけてから、どうしても全部手元に欲しくなり、密林で3巻4巻を買ってしまう。中古本だけど満足。 時流に流されるままの軍略家、大村益次郎。この本で大村はこれと言って何も執着しない人物のように描かれている。ただ新政府軍を欧米並みに整える、それ以外に興味関心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「黒船異変 ペリーの挑戦」

「黒船異変 ペリーの挑戦」 加藤祐三 著 岩波新書 伊豆は下田へ一人旅するのに、手にした本。 特急踊り子号の車内のお供だった。 この本はペリー、米国艦隊の側から、開国を追尾したもので米国事情、ペリーの心情などに詳しい。 下田港を望むと意外と小さい港だとわかる。 この小さな港に黒船が4隻も入港したかと思うと、それはもう異変ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「オウムの女」

「オウムの女」 松田美智子 ★ 今の自分には必要の無い本だったかも。教祖の悪行は判りきっているし、それを掘り下げる理由も今は無い。 私があの男に語ってもらいたかったのは、 「なんで私らがこんな目に合わなければならないのか?」 その問いに対する答えだけだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more