「悪左府の女」

「悪左府の女」 伊藤 潤 ★★★★
最初は物語がなかなか進まなくて、イライラさせられたが御貴族様的展開だったのね。さすが平安御貴族さまだ。
後半、怒涛の展開。壮大な結末が控えて、思わず平伏したくなった。この本のお陰で琵琶と秘曲にとても興味が沸いたのことよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック