天然娘とツッコミ母の島暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS この1か月の顛末 @

<<   作成日時 : 2015/07/27 16:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

6月の第一週、職場で耐えがたいセクハラを受け、退職を決意。
セクハラは入社当時からあったけど、今度ばかりはどうにも我慢ならず、これまで保ち続けてきた仕事人としてのプライドがボッキリと真ん中から折れた。
気が付いたら、ハローワークの検索画面を出していた。
でも、この年齢で転職できるのか?
悩みはそれに尽きる。
子供の前では平常心を保たなくちゃ、必死で自分の強さにすがる。
何よりも体を触られる不快感と屈辱感が拭えない。

「辞めちゃいなさいよ♪」

からりと言ってくれた先生の言葉に肩の力が抜けた。

「でも不安もあるんです・・・」
「会社に内緒で面接を受けてしまう。もしダメならもう少し様子を見てみる」

あー、なるほど。
保険をかけておくわけだ。

会社には

「セクハラにもう耐えられません、辞めます!」

と宣言してある。
でも会社側は私の辞意を本気では受け止めていない。
あんたに辞められちゃ、困る。相手には厳重注意をした。
無かったことにしろ、って?
謝ったからこれまでのことは水に流せ、って・
体を触られる不快感と屈辱感にまみれてから物を言え!
結局、男の職場では誰もわかってくれない。
解らせてやるしかないんだ。

「辞めます」
「まあ、一応聞いたことにするから、考え直してくれや」

やっぱり、わかってないんだなあ。
自分、時給800円で体売ってるわけじゃない。
これだけ高額の仕事して、お触りバーのお姉ちゃんと同じ立ち位置?
冗談じゃない。
自分、そこまで落ちぶれてはいないつもりだ。
仕事って自分のスキルを売ることだから、プライド無しではやっていけないのだ。
少なくとも自分は。
プライド持たずに仕事してる人もいるらしいが、私から見ればそれは仕事人ではなく、ただ自席を温めている人。


・・・・・またシリーズ化?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
この1か月の顛末 @ 天然娘とツッコミ母の島暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる