天然娘とツッコミ母の島暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS 最近読んだ本を羅列する 「ホビットの冒険」

<<   作成日時 : 2014/08/06 20:13   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

「ホビットの冒険 上下」J・R・R・トールキン ★★★★★

DVD、「ホビット 竜に奪われた王国」を観た。前回の「ホビット、思いがけない冒険」を大きく上回る、違和感を感じた。あれ?昔読んだホビットの本ってこんな話だったっけ?
何しろ、読んだのは今から遥かな大昔、高校生の時だ。
細部まで内容を思い出せん!
どうしてもモヤモヤが消えず、図書館に走っていったわさ。
だけんど、児童書の探し方が解らなかっただわ。
東京行の新幹線とヤボ用の待ち時間で完読。
違和感の大半は指輪物語世界のキャラクターの捉え方がちっと違うな、ってこと。
指輪物語は「種族の物語」。
勇敢な種族、欲深い種族、頭の悪い種族。
それがこの映画だと、総じてみんなが人間臭いのよ。
声を大にして言いたい!!
ドワーフは人間ではない!人間の尺にドワーフを入れてはいかんよ。
ドワーフはドワーフであって、ホビットはホビットであって、エルフはエルフなんだ。
だから、エルフとドワーフの間の恋愛なんて、よっぽどの事がなければ成立しない。
そして、レゴラスはこんなかわいそうな奴ではない!
もっと狡猾で飄々とした奴だ。エルフだから当然、感情表現は薄い。
想い人に振り回されるなんて、誇り高いエルフの王子にあるまじきことだ。
確かに映像表現はすごい!お金かかってる!
レゴラス人気にあやかるにはちょっと脚本が軽率だったんじゃね?
と、子供の頃から指輪物語ファンは憤るわけだ。
うーん、どうよ?

あれ?今回、本の感想じゃなくて、DVDの感想だ、、、、、ま、いいか。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
最近読んだ本を羅列する 「ホビットの冒険」 天然娘とツッコミ母の島暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる