天然娘とツッコミ母の島暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS 最近読んだ本を羅列する

<<   作成日時 : 2011/11/14 21:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

「いろは歌の謎」 篠原央憲 ★★★

子供が学校で古今和歌集を勉強し始めた、、、、ら、、、自分も昔読んだ和歌に関する本を読みたくなった。
いろはにほへとちりぬるを・・・・・・誰でも知ってるいろは歌を7字ずつに区切ると、
「とかなくてしす(咎無くて死す)」という文章になる。
昔、いろは歌を習った人はこの暗号に気付く人もいたらしいが、現代国語教育の範囲ではまずいない。
著者はこのいろは歌を作ったのは、刑死を疑われる天平歌人柿本人麿と推測する。
さらに著者は詳細な研究成果から、第2の暗号にたどり着く。
「ほをつのこめへ(本を津の小女へ)」

大学の頃、私はこんな本ばかり読んでいた。
・・・・だから成績が悪かった・・・



「人麻呂の暗号」 藤村由加 ★★

大学の頃はかぶりつくように読んでいたが、今読んでみると著者と同じ熱病に罹っていたのだな、と思う。
日本学を深く追求していくと、確かに日本語の中に朝鮮語がたくさん存在するが、日本語にしかない言葉も数限りなく存在し、日本の言葉自体を軽く読むことはできない。著者の失敗は万葉集を全て朝鮮語で読み解こうとした点にある。後は若さにまかせた冒険心と、探求心、そして想像力。
いずれにしても学友と共に、この研究に没頭できた事は著者にとって、この上もなく幸福な出来事だったと言えるだろう。

この手の本は大学の図書館でも、国文学の棚にあったのだ。
国文の本棚で史学科の学生が本を探している時、それは、、、、、、、、自分の勉強に行き詰った時。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
最近読んだ本を羅列する 天然娘とツッコミ母の島暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる