天然娘とツッコミ母の島暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS 最近読んだ本を羅列する

<<   作成日時 : 2011/10/31 20:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「ヒプノスの回廊」 栗本薫

ヒプノスの回廊 (ハヤカワ文庫) (文庫) / 栗本薫
CD&DVD NEOWING
★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。


楽天市場 by ヒプノスの回廊 (ハヤカワ文庫) (文庫) / 栗本薫 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



当然発売日には買い込んでいたのだけれども、ずっと本棚に置いたまま放心状態。
グインサーガ、これが最後の単行本。
中学生時代から読み続けた本がついに未完のまま、番外編収録の最終巻を迎えた。
ずっと前に入手していたのに、とうとうこれを読んだら全てが終わってしまうような気がして・・・
でも秋の夜長の物寂しさには勝てず、ページを開く。
中身は未発表作品が無く、どれもがどこかで読んだ事のある物だったので、懐かしさと共にこみ上げる寂しさ。
でもこれを読まねば、先に進めないような気がした。
巻末の今岡清氏の解説、最後の言葉に泣けた。

「最後に、契約上の制約にもかかわらず、「前夜」の収録を快諾していただいた株式会社アニプレックスのご好意に感謝いたします。そのおかげをもちまして、グインサーガのすべての作品が、一篇もあますことなく書籍の形で残ることとなりました。」

 おかげさまでこの私も一篇もあますことなく、読むことができたんだなあ。
あの薄い最終巻が最後でなくて、ちょっと救われた気がします。
栗本薫は評論家であったり、音楽家であったり、舞台演出家であったりしたけれども、その本質はぶっとい作家魂を持った人だった。
・・・・・・・・還ってきて下さい・・・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
最近読んだ本を羅列する 天然娘とツッコミ母の島暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる