天然娘とツッコミ母の島暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS 薪能初体験

<<   作成日時 : 2011/06/12 18:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先週、生まれて初めて能というものを見ました。
島では能の大家、世阿弥が流罪にされていたという歴史があり、各地に能舞台が残っていて、現代もさかんに上演されています。
田んぼの真ん中に神社があり、その境内に能舞台があります。
ほんのりと薪に照らされながら演じられる舞台を見ていると、この地で能がさかんであったという理由が見えてきました。
何百年も前からこの地で田畑仕事に精出す島民の、唯一の娯楽、
それがこの地の能や狂言であったのですね。
きっと今舞台を見て楽しんでいる島人と同じように、室町時代の人も、戦国時代の人も江戸時代もの人も、、、、、
みーーーーんな同じようにこうしてここに座って、笑って、泣いて、拍手していたんだろうな。
営々と営まれてきた、島民の生活、生き方がここにあります。
過去を探求する研学を積んできた自分ですが、過去を途切れさせないように努力される方々の熱意には感じ入る物がありました。
演じている役者さん達はみんな普通に仕事を持ち、限られた時間をやりくりして、稽古に励んでおられます。
本当に頭が下がる思いです。
きちんと調査すれば、歴史的にも民俗学的にも、大きな発見があるに違いないと思われます。
・・・・・・こんな私の見方ってきっと正当な能の楽しみ方じゃないよね。
でも仕方ないの、、、、史学科の性、、、なの、、、、。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
薪能初体験 天然娘とツッコミ母の島暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる