天然娘とツッコミ母の島暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS 津波と放射能

<<   作成日時 : 2011/03/16 10:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

3月11日未明に起きました、東北地方太平洋沖地震による被災に心よりお見舞い申し上げます。

本当に恐ろしい事が起こった。
自身の身内に被災した人は今の所なかったが、東京の姉の所でもものすごい揺れと大混乱。
会社から歩いて帰宅すると、家の中はめちゃくちゃ。
島でも相当の揺れを感じたが、大きな被害は無かった。
津波を警戒して義母にこちらに来るように言ったけど、自分が一人いないと消防団の人が心配するので、
と海沿いの自宅に残った。
幸い津波は来なくて、避難もしなくてよかったけれど、まだまだ余震は続いている。

気がかりは福島県いわき市の実家にいる義兄のこと。
福島第一原発から50kmの位置にいるので、心配ない、と本人は言うけれど、、、、妻である姉jは心配で神経が疲労している。
でも義兄はバイタリティあふれる人。
実家で使っていないふとんを近くの避難所に車で運んでいった。
メルトダウンが起きれば危険は承知の上。
でも入院している母親とそれを看病し続ける父親を置いて、東京に戻る事はできない。
こんな時家族がバラバラなのが、一番辛い。
津波は天災だけれども、原発事故は人災。
その危険性は何10年も前から指摘されていた事だ。
放射能の恐ろしさを軽んずる事は私を含めた広島や長崎で育った者に対してツバを吐きかける行為だ。
作業にあたっている、電力会社の社員も命をかけて、最最最悪の事態を避けようとしている。
最悪の事態はもう起きてしまった。
大地震は日本中をまだまだ揺らし続けている。
一日も早く通常の生活を取り戻して頂きたいと願う。
失った物は大きく、取り戻せない物も多いが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
津波と放射能 天然娘とツッコミ母の島暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる