天然娘とツッコミ母の島暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS 祭りの季節

<<   作成日時 : 2009/04/05 17:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

4月になりました!

島のあっちこっちで春を祝うお祭りが始まった。
自分が島に来た頃、お祭りの概念が自分がこれまで持っていたものと全く違うのに驚いたのだった・・・。
お祭りと言えば、イベント。
おみこし、たこ焼き、わた飴、りんご飴、金魚すくいに、射的だ、数字当てだ、と。
つまり自分のお祭りとは外へ行って露店に行って遊ぶ事だった。
この日の為に貯めたお小遣いを放出する機会。
お友達と連れ立って、繰り出すイベントがお祭りだった。

しかーし!島のお祭りは違う。
基本、人は家にいるのだ。
そんでもって、おみこしや鬼太鼓の門付け、お客さんの訪れを待つ。
来訪してくれた方に酒や食べ物を振舞って、いつもありがとうさん、またよろしくな〜という、
要するに年始参りみたいな事をするのが、お祭りなのだ。
以前は不思議で不思議で仕方がなかった。
祭りの前ともなると旦那の実家は人を呼ぶ為の準備で大忙し。
郷土料理の煮しめを作るのに、買い物して煮込んで1週間くらいかけて仕込む。
ベッタベタに甘い太巻きも(余りに甘過ぎてなのに)60cmくらいのを用意する。
誰も手をつけないのに、絶対に用意しなきゃならない。
天ぷらも山のように揚げる。(それだけで十分胃焼けになる)
とにかく女性は座る暇もないほど家事に走り回るのが祭りで、正直楽しくもなんともないのよ!!
島に住み始めた頃、祭りの日は準備があるので、実家に7時に来い、と言われたのでがんばって7時に行ったら、
「遅い!7時前に来んでどーするさ!!」
と、叱られ、人知れず涙したものだった・・・。
旦那の父は既に他界して実家では祭りの日に訪れるお客もいなくなり、
準備もかなり縮小版になり、お客のため、というより遊びに来る孫たちのため、
からあげやサラダを用意するようになった。
出かけるのも夕方まで行けばいいようになっている。

今年はうちの家族も実家とは別に家を新築し、一家をここに構えたわけだから、今年の祭りはきちんとするぞ!
という旦那意気込みに押され、我が家も祭りで人を呼ぶことになった。
家に人を呼ぶ支度だけじゃなく、旦那は鬼太鼓の太鼓もち、子供はみこしかつぎ、
自分はお宮さんの賄いの手伝い、と地域から与えられたお役目がたーんとあるのだ。
(お陰で家に門付けに来ると情報が入るやいなや、お宮からダッシュで帰宅して、酒やお菓子をふるまう、
という離技をやってのけたわ)
みこしや太鼓が去っていくと、3時にはもうお客さんの来訪。
おすし取ったり、オードブル取ったり、とか、今時のもてなしで乗り切った。
(煮しめなし、太巻きなし)
ちゃんと手作りもしたんすよ!それなりに。
我が家に車が5,6台も停車したのは始めての事だ。
伝統の祭り料理とはほど遠いが、今時の嫁としてこんなもんで勘弁してくれ。
正直、自分と同じ年代の奥さんたちで煮しめ作る人はほとんどいないのだ。
旦那連中もそんなに煮しめが好きなわけじゃないのだ。(うちの旦那は嫌いな方)

そんなこんな我が家も玄関先で鬼太鼓をきっちり踊ってもらい、厄を祓ってもらいました。
お客さんもいっぱい来てくれて、楽しく飲んでってくれました。
これなら来年も乗り切っていけるかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
友達はみんなカレシと一緒でかまってくれません…アタシと遊んでくれる人メール下さい☆ a.a-mai@docomo.ne.jp
りおな
2009/06/21 17:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
祭りの季節 天然娘とツッコミ母の島暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる