天然娘とツッコミ母の島暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS 我が家に優しいエコロジー

<<   作成日時 : 2007/04/12 22:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

島では4月から「レジ袋O運動」というのをやってます。
全国的な展開になる前にさきがけて、島で消費されるレジ袋を減らそうという運動です。
島内の主なスーパーや販売店で、レジ袋が有料になりました。
始まる前は、誰しも不便だーと言ってましたが、いざ実施されると、これと言って問題も起こっていないようです。
無きゃ無いでなんとかなるさ、レジ袋 (注:こんな標語は使われてません)
私は運動が施行される以前から、ちょっとずつマイバッグを使っていたので、それほど苦になりません。
なんで、マイバッグ派だったかというと、、、、
1.お店のポイントがつくから。
2.家にゴミが溜まるのが、いやだから。
3.ただでもらったマイバッグ、使わないともったいないから。
要するに全部自分のためだ。
恥ずかしくてエコロジーを声高に叫んだりなんかできません。
「地球に優しく」なんて、地球を全部見たことないからわかんない。
北極の氷が溶けるのは大変だな〜と思うけど、ちっとも自分的にはリアリティーが沸かない。
それよりも暑くてエアコン代がかさむ方が、我が家の深刻な地球温暖化問題だ。
風呂の水を洗濯や草木に再利用するのも、水道代節約の為。
いらない電気を消すのも、電気代節約の為。
小さくなった自転車を他の子に譲るのも、粗大ゴミの申し込みをするのが面倒くさいから。
(お金もかかるし)
醤油を一升瓶で買うのもその方が量が多くて、PTAの廃品回収に出せるから。
(PTAの収益になるのさ〜♪)
我が家にしか優しくないエコロジーだけど、うちはこれでやっている。
思えば腕に籠をぶら下げてお買い物に行くお母さんはそんなに昔のことだったっけ?
お鍋やボールを持って、豆腐屋さんのトラックを追いかけたのは、そんなに昔のことだったっけ?
酒屋さんが御用聞きに来て空き瓶を持って帰るのは、そんなに昔のことだっけ?
これらが全部パック詰めやペットボトルになったかと思えば、そりゃゴミも増えようというもの。
うちは狭いんだー!負けてられるか、ゴミ軍団。
実践!我が家に優しいエコロジー。

マイバッグを使っていて、一つ辛いことがある。
それは買い物した食材が全部、入りきらないことだ。
必死でねぎとか大根とか詰め込もうとしていると、とっても恥ずかしい!
かなりのテクニックを要する。
ぜひともマイバッグは2枚以上用意したい所だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
大阪からこんにちは。
「レジ袋ゼロ」 もっと混乱するかと思ったらスムースに機能していますよね。
私も嬉しくびっくりしています。
佐渡の人って素直なんだなあ、と。
都会は権利意識を声高に叫ぶ人、変な理屈を言う人が多くて、なかなか実現出来ないようですが。

一人一人が自分の為にエコ努力をすれば結果的に地球規模になりますよね。
頑張りましょう!
chidekoboko
2007/04/13 23:24
chidekobokoさん、こんにちは。
「レジ袋O運動」すぐにでも定着しそうですね。
理由の一つに、都会と違って車に買い物に行く、というのがあげられると思います。
都会ではどこにでもお店があって、地下鉄おりた時とか、仕事帰りとか、思い立ったらお買い物できちゃう所から、マイバッグは難しいでしょうね。
島ではお店は限られてますから、初めから袋は無い!と思えば、ちゃんと準備していくものなのかな?
でも仕事で買い物に出たとき、マイバッグを持っていないことが多くて、困ります。
ゆう
2007/04/16 23:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
我が家に優しいエコロジー 天然娘とツッコミ母の島暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる